夏らしい音といえば、波の音。その土地その土地に方言があるように、
波にも「方音(ほうおん)」があるのでしょうか。

今回ご案内するのは東京三宅島、沖縄新原、新潟寺泊の海岸の波の音です。
よぉく聞くとそれぞれに特徴があります。

さてさてこの違いの要因は何だと思いますか? じっくり聞いて答えてね。

【東京三宅島♫】

【沖縄新原♫】

【新潟寺泊♫】

波の音の違いの要因は次の1〜3のどれでしょう
1 風の強さ(波の高さ)
2 波打ち際の材質
3 打ち寄せるスピード

回答と解説
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
解答・解説

正解は「2 波打ち際の材質」。波音は海岸の材質によって特徴づけられます。
三宅島は玉砂利、新原はサンゴ、寺泊は砂が主な材質です。
これらの物質が海水でこすり取られ、海中でぶつかり合うことで特徴的な音になります。
三宅島の玉砂利質の浜、新原のサンゴ質の浜は、どちらも国内では非常に珍しく、
その波音は貴重です。ぜひもう一度聞いてみてくださいね。

東京三宅島♫ 玉砂利

沖縄新原♫ サンゴ

新潟寺泊♫ 

下記コメント欄からご意見やご感想、質問などお気軽に投稿ください。